ポールジョージは360°ダンクもハイパーダンク(バッシュ)もカッコいい!

ポールジョージ360°ダンクも、

 

ハイパーダンクバッシュ)もカッコいい!

 


Sponsored Links

インディアナ・ペイサーズ所属にし、ぐんぐん成長、今やNBA有数のスモール・フォワードとなったポール・ジョージ。そのジョージが、魅せてくれました。

 

ポールジョージの360°ダンクがカッコいい!

なんと、ゲームタイムにダンクコンテストばりの360°ダンクを敢行したのです!

 

これはヤバかったっ!!2014年1月19日にインディアナのホームコートで行われた対ロサンゼルス・クリッパーズ戦の第4クオーター残り6分。

 

クリッパーズのダレン・コリソンからジャマール・クロフォードに送られたパスをカットしたジョージは、そのままワンマン速攻に持ち込むと、時計回りに体を捻り、360°回転したのちにダンクシュートを披露。

 

この時間帯で、20点のリードがあったので、精神的な余裕もあったのでしょうが、オールスターのような魅せるゲームではない試合中での、このパフォーマンスはジョージの身体能力の高さを窺わせるプレイでした。

 

さらに履いているバッシュ『ハイパーダンク』もカッコいい!

ジョージは、2010年のドラフト全体10位でペイサーズ入りした23歳の若武者。2012-2013シーズンでは、オールスターに選出されており、MIPも受賞しています。

 

そして迎えた2013-2014シーズンでは、すでにチームのエースに君臨しており、その堂々たるプレイぶりは、スーパースターの仲間入りをした感もあります。

 

そんなジョージがよく履いているシューズが、ナイキのハイパーダンクの2013年モデル。
彼はこれをペイサーズ仕様にしていて、ベロの部分にイニシャルの「PG」が入っています。


Sponsored Links


特に私は、ペイサーズのチームカラーであるイエローをアッパーソール全体に使ったモデルがお気に入り。これは目立つ!

 

ハイパーダンク、ここがすごい!

このハイパーダンクの2013年モデルは、2011年から続くハイパーダンクシリーズの3代目で、2012年モデルよりもビニールのような薄い素材を減らし、メッシュの部分を増やしており、
更なる軽量化とフィット感の向上がなされたモデル。

 

確かに、ハイカットモデルながら非常に軽そうに見え、年齢を重ねた私が履いても重さが苦にならなさそうですし、足首のホールド感もあるようですから、ガードポジションからセンターまで幅広いプレイヤーが使用でき、まさにオールラウンダーのジョージにうってつけのシューズと言えるでしょう。

 

まさにジョージのためのバッシュと言えそう。このまま、ナイキとの契約を続けていくと(ナイキも手放さないでしょうし!)、ポール・ジョージのシグネチャーモデルがリリースされる日も近いのではないでしょうか。

 

そしてそのモデルは、「24」のジャージー同様これまであまりなかった、イエローを活用したモデルになるでしょうから、デザイン的にも珍しく、期待が持てそうです。


Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。