NBAオールスター2017スリーポイントコンテストの予想・結果

NBAスリーポイントコンテスト歴代優勝者(10年代以降)
2010 ポール・ピアース
2011 ジェームズ・ジョーンズ
2012 ケビン・ラブ
2013 カイリー・アービング
2014 マルコ・ベリネリ
2015 ステフィン・カリー
2016 クレイ・トンプソン
2017 エリック・ゴードン

なんと多くの歴代優勝者が、キャブスに集まっているではないか!

2017年2月19日(日本時間20日)に開催されるNBAオールスター。その前日には、前夜祭ともいえるオールスターウィークエンドが開催。様々な催しがこの日に行われるわけだが、長年続いているコンテストの一つにスリーポイントコンテストがある。


Sponsored Links

【NBAオールスター2017関連記事まとめ】

競技のルール

スリーポイントコンテストのルールは次の通り。

制限時間1分の間に、スリーポイントラインに沿って設置された5箇所のシューティングスポットから、計25球のボール(入れば1点の公式ボール4球、2点のマネーボール1球)を成功させた出場者が優勝となる。

ただし、ルールについてはアレンジが加えられる。2015年からは、5つすべてがマネーボールのスペシャルラックが登場。各選手が好きな箇所に設置でき、最高得点は34点(1点ボール16個、2点ボール9個)となった。

NBAオールスター2017スリーポイントコンテスト出場メンバーと予想

オールスターについては、NBAファンはメンバーや結果を予想するのが楽しみのひとつ。そこで私も予想してみた(2016年11月26日時点)。

出場メンバー予想

スリーポイントコンテスト出場者は8人。昨季と今季の予想メンバーは以下のとおりだ。

2016 2017予想
デビン・ブッカー
クリス・ボッシュ
ステフィン・カリー
ジェームズ・ハーデン
カイル・ラウリー
クリス・ミドルトン
J.J.・レディック
クレイ・トンプソン
クレイ・トンプソン
チャニング・フライ
トレバー・アリーザ
ニック・ヤング
クリスタプス・ポルジンギス
ザック・ラビーン
ミルザ・テレトビッチ
ダニーロ・ガリナリ

前年度王者のクレイ・トンプソンと、キャッチ&シュート3PA4本以上で3P%40%以上を記録しているプレイヤー達を選抜してみた。


Sponsored Links

オールスターは数字よりも華やかな選手が優先されるので、全員の選出が実現することはないだろうが、数人は選ばれて多くのファンが知らない実力を知らしめてほしいと思っている。

とくに、ザック・ラビーンは初のダンクコンテストとの2冠の可能性がある唯一のプレイヤーだと思うので実現してほしい。

結果予想

結果についても予想しておこう。

2010年以降7年の優勝者をみると、シューター2人、スター5人という内訳である。やはり華やかな舞台にはスターが実力を発揮するのだろう。

なので、私の予想した出場者8人の中では、トンプソン、ポルジンギスが本命だ。そして対抗にラビーンとガリナリ、大穴にヤングとなる。とくに、ヤングはセンスの塊であり、レイカーズのメンバーなのでお祭り騒ぎは大の得意ということで好成績を残しそうだ。

出場メンバー結果

2017年2月3日、8人の出場選手が発表された。

  • エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ)
  • カイリー・アービング(クリーブランド・キャバリアーズ)
  • カイル・ラウリー(トロント・ラプターズ)
  • ウェスリー・マシューズ(ダラス・マーベリックス)
  • CJ・マッカラム(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
  • クレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
  • ケンバ・ウォーカー(シャーロット・ホーネッツ)
  • ニック・ヤング(ロサンゼルス・レイカーズ)

選出に当たって「今回の出場者は今季の3P成功数でリーグトップ20に入っている選手たちで、そのうち7選手はトップ12の成功数をマークしている」とのこと。

想定よりもビックネームが集結した。それにしても本当にヤングが出場することになるとは面白い。

コンテスト結果

優勝は、エリック・ゴードン。ブーイングに負けず、アービングとの延長ラウンドを制した。前回王者クレイ・トンプソンの連覇はならず。

昨年の動画と比較するのも面白い。カリー対トンプソンの同チーム対決というストーリーは非常に盛り上がった。

【NBAオールスター2017関連記事まとめ】


Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。