NBAオールスターゲーム2017メンバー・日程・予想と結果(ウェスト編)

ロゴ 2017-nba-all-star-new-orleans-logo
幻となったシャーロットバーション。
2017-charlotte-all-star-logo
ユニフォーム
NBA オールスター 2017 ウエスト ユニフォーム

引用:http://www.nba.co.jp/nba/photo-gallery/nba-all-star-uniform-2017-lusbtnxf8gtqzwvyan1qaeko/photo-6


Sponsored Links

【NBAオールスター2017関連記事まとめ】

日程・開催地「2017年2月19日(日本時間20日)にスムージー・キング・センターで」

2017年の第66回NBAオールスターは、いつどこで行われるのかというと2017年2月19日(日本時間20日)にニューオーリンズ・ペリカンズの本拠地スムージー・キング・センターで開催される。200を超える国と地域でテレビ中継が決定しており、史上最大の規模となる。

当初シャーロットで開催される予定であったが、NBAは2016年7月21日(日本時間22日)、オールスターゲームに関する次の声明を発表した。

NBAは、2017 NBAオールスターゲームの開催地をシャーロットから変更することを決定しました。シャーロットでの大会は、2019年に改めて開催できることを願っています。

引用

開催地変更の理由としてNBAは「NBAがビジネスを行なっている全都市、州、国の法律を変えられない以上、そしてHB2法によって作られてしまった精神的風土がシャーロット内にある以上、オールスターゲーム開催を成功に導ける確信を持つことができません」としている。

肝は、ノースカロライナ州議会が2016年3月に制定したHB2法にあるようだ。それにより「シャーロットの性的少数者(LGBT)コミュニティに対する法的保護に関する問題が顕著」になっているのが原因らしい。

はっきりいって私にはよくわからない事情である。しかし、今季のシャーロット・ホーネッツは昨季に引き続き素晴らしいバスケを展開しており、ファンとして残念に感じる気持ちだけが確かだ。

メンバー一覧

NBAオールスター2017のメンバーは、以下の日程で選抜・発表される。

投票の中間・途中経過

  • 12月25日(日本時間26日)先発出場選手を決めるファン投票開始
  • 2017年1月5日(同6日)と12日(同13日)に途中経過発表予定
  • 1月16日の午後11時59分(同17日午後1時59分)に投票締切

投票結果

  • 先発出場選手は1月19日(同20日)発表予定
  • 控え選手は1月26日(同27日)発表予定(NBA各チームのヘッドコーチ投票で決定)
  • 2月上旬:スラムダンクコンテスト、3ポイントコンテスト、スキルズチャレンジ出場者決定

予想

オールスターについては、NBAファンはメンバーや結果を予想するのが楽しみのひとつであろう。そこで私も予想してみた(2016年11月26日時点)。オールスターウェスト、ライジングスターズ・チャレンジUSAの順で述べていく。

※昨季ウェストが勝利したので、ウェストと同じく勝利したUSAを掲載する。

オールスターの予想

昨季のメンバーとの比較で今季のオールスターウェストを予想する。

打ち消し=欠場

赤字=代替選出

2015-16 2016-17予想



PG ステフィン・カリー(3) ステフィン・カリー
SG ラッセル・ウェストブルック(5) ジェームズ・ハーデン
SF コービー・ブライアント(18) ラッセル・ウェストブルック
PF カワイ・レナード(初) ケビン・デュラント
C ケビン・デュラント(7) アンソニー・デイビス


G クリス・ポール(9)
ジェームズ・ハーデン(4)
クレイ・トンプソン(2)
クリス・ポール
ダミアン・リラード
マイク・コンリー
F ドレイモンド・グリーン(初)
ラマーカス・オルドリッジ(5)
アンソニー・デイビス(3)
ゴードン・ヘイワード
カワイ・レナード
ブレイク・グリフィン
C デマーカス・カズンズ(2) デマーカス・カズンズ

HC グレッグ・ポポビッチ スティーブ・カー
AC エットーレ・メッシーナ
アイミ・ウドカ
チップ・インゲランド
チャド・フォーシャー
ジェームズ・ボレゴ
ベッキー・ハモン
ロン・アダムズ
マイク・ブラウン
シャロン・コリンズ
ブルース・フレイザー
クリス・デマルコ
AT ウィル・セブニング
ポール・ウェスト

初選出には、マイク・コンリー、ゴードン・ヘイワードの2人を予想する。コンリーはいい加減選ばれるべきだし、ヘイワードもジャズがプレイオフ圏内なら選出されるべきだ。2人共実力だけではなく、実績も得てもう一皮むけ、NBAをさらに盛り上げてほしい。

バックコートは全員PGになってしまったが、選出メンバーが皆すでに常連と化しているので、マンネリ感を打破するためにもよいのではないだろうか。

他に気になる選手では、2年目のディアンジェロ・ラッセルとカール・アンソニー・タウンズとデビン・ブッカーだ。3人共所属チームがプレイオフ圏内であれば選ばれてもおかしくはない。チームの成績次第ということだ。ウルブズからはアンドリュー・ウィギンズも候補となろう。

昨季は、196-173でウェストが勝利。MVP・最高得点はラッセル・ウェストブルックだった。

今年もウェストが勝つならアンソニー・デイビスにMVP・最高得点を期待している。彼はすでにオールスターレベルを超えてスーパースターだが、怪我によって今ひとつ自身の価値を証明できてないからだ。その方法としてタイトルを獲るのがわかりやすい。

オールスターの結果

1月6日時点の第1回途中経過による結果は以下の通り。




PG ステフィン・カリー 523597(1)
SG ジェームズ・ハーデン 519446(2)
SF カワイ・レナード 341240(3)
PF ケビン・デュラント 541209(1)
C ザザ・パチュリア 439675 (2)


BC ラッセル・ウェストブルック 501652(3)
クレイ・トンプソン 293054(4)
クリス・ポール 173830(5)
ダミアン・リラード 117857(6)
エリック・ゴードン 76609(7)
マヌ・ジノビリ 65832(8)
アンドレ・イグダーラ 64247(9)
ザック・ラビーン 53642(10)
FC アンソニー・デイビス 318144(4)
ドレイモンド・グリーン 236315(5)
デマーカス・カズンズ 202317(6)
カールアンソニー・タウンズ 125278(7)
ラマーカス・オルドリッジ 101724(8)
ブレイク・グリフィン 100524(9)
マルク・ガソル 97370(10)

1月12日時点の第2回途中経過による結果は以下の通り。


Sponsored Links



PG ステフィン・カリー 990,390(1)
SG ジェームズ・ハーデン 961,685(2)
SF カワイ・レナード 630,766(3)
PF ケビン・デュラント 987,479(1)
C ザザ・パチュリア 823,376 (2)


BC ラッセル・ウェストブルック 899,024(3)
クレイ・トンプソン 555,430(4)
クリス・ポール 379,076(5)
ダミアン・リラード 208,171(6)
エリック・ゴードン 191,407(7)
アンドレ・イグダーラ 130,224(8)
マヌ・ジノビリ 122,333(9)
ザック・ラビーン 94,867(10)
FC アンソニー・デイビス 567,201(4)
ドレイモンド・グリーン 464,319(5)
デマーカス・カズンズ 379,225(6)
カールアンソニー・タウンズ 223,979(7)
ラマーカス・オルドリッジ 192,784(8)
ブレイク・グリフィン 172,393(9)
マルク・ガソル 172,146(10)

1月20日発表の最終結果(先発出場選手決定)、1月27日発表のコーチ推薦(リザーブ出場選手)は以下の通り。

ファン 選手 メディア 結果



PG ステフィン・カリー (1) (3) (3) 2
SG ジェームズ・ハーデン (2) (2) (2) 2
SF カワイ・レナード (3) (2) (2) 2.5
PF ケビン・デュラント (1) (1) (1) 1.0
C アンソニー・デイビス (4) (3) (3) 3.5

BC ラッセル・ウェストブルック(3)(1)(1)2
クレイ・トンプソン(4)(8)(4)5
クリス・ポール(5)(6)(4)5
ダミアン・リラード(8)(4)(6)6.5
エリック・ゴードン(7)(15)(6)8.75
CJ・マッカラム(16)(5)(6)10.75
アンドレ・イグダーラ(9)(22)(6)11.5
マヌ・ジノビリ(10)(20)(6)11.5
FC デマーカス・カズンズ(6)(4)(4)5.0
ドレイモンド・グリーン(5)(9)(6)6.25
ザザ・バチューリア(2)(12)(10)6.5
マルク・ガソル(10)(5)(5)7.5
カールアンソニー・タウンズ(7)(10)(7)7.75
ラマーカス・オルドリッジ(8)(6)(10)8.0
デアンドレ・ジョーダン(11)(7)(8)9.25



BC ラッセル・ウェストブルック
クレイ・トンプソン
ゴードン・ヘイワード
FC ドレイモンド・グリーン
デマーカス・カズンズ
マルク・ガソル
ディアンドレ・ジョーダン

スターターにはやっぱりという結果だが、コンリーとヘイワードが入っていないのが不思議でならない。

ただ後日発表されたコーチ推薦によるリザーブには、ヘイワードを含め「この選手がチームを勝たせている」とみなされるような選手がしっかり選ばれた。なのでコンリーは、カリー&ハーデン&ウェストブルックという並びには一歩劣るとコーチはみているようだ。なるほどそういう見方ならば説得力がある。よって、ここで初めてコンリーの落選が納得できた。

【2017年2月20日追記】

試合結果は、ウエストが192-182で勝利。MVPは、アンソニー・デイビス(オールスター史上最高得点の52点)。

ルーキー(ライジングスターズ・チャレンジ )の予想

U.S.チームについて、昨季のメンバーとの比較でライジングスターズ・チャレンジを予想する。

打ち消し=欠場

赤字=代替選出

2015-16 2016-17予想



PG ジョーダン・クラークソン ディアンジェロ・ラッセル
SG ザック・ラビーン デビン・ブッカー
SF マーカス・スマート ジャスティス・ウィンズロー
PF ジャバリ・パーカー マイルズ・ターナー
C カール・アンソニー・タウンズ カール・アンソニー・タウンズ


G ディアンジェロ・ラッセル
エルフレッド・ペイトン
TJ・マッコネル
アンドリュー・ハリソン
F デビン・ブッカー
ロドニー・フッド
ジョナサン・ギブソン
ブランドン・イングラム
C ジャリル・オカフォー フランク・カミンスキー

HC エトーレ・メシーナ ロン・アダムズ

もしも今年、オールスターからディアンジェロ・ラッセル、カール・アンソニー・タウンズ、デビン・ブッカーが落選するなら、ライジングスターズ・チャレンジのUSAチームの迫力はものすごいことになる。彼らを中心にハイスピードゲームを展開すれば、ワールドチームはおそらくついてこれない。

昨季はUSA157-WLD154でUSAが勝利。MVPはザック・ラビーンが選出されている。2014年MVPはアンドリュー・ウィギンズが獲得しているので、2017年MVPをカール・アンソニー・タウンズが獲得することがあれば、3年連続でウルブズからのMVP誕生となる。よって、今季のMVPはタウンズに獲ってもらうのがベストなストーリーではないだろうか。

ルーキー(ライジングスターズ・チャレンジ )の結果

1月26日に発表されたU.S.チームのロスター結果は以下の通り。なお、スタメン発表がないため、予想を掲載する。






PG ディアンジェロ・ラッセル(2)
SG デビン・ブッカー(2)
SF ブランドン・イングラム(1)
PF マイルズ・ターナー(2)
C カール・アンソニー・タウンズ(2)




BC マルコム・ブログドン(1)
ジョナソン・シモンズ(2)
FC マーキューズ・クリス(1)
フランク・カミンスキー(2)
ジャリル・オカフォー(2)

ほぼ昨年通りのメンバーだが、チームの下降をよそに才能を見せつけはじめたイングラム、今季一番の掘り出し物ブログドンに注目だ。

【2017年2月20日追記】

スタメン結果は以下の通り。

ディアンジェロ・ラッセル
デビン・ブッカー
マーキューズ・クリス
カール・アンソニー・タウンズ
マイルズ・ターナー

試合結果は、USチームが141-150でワールドチームに敗北。MVPは、ワールドチームのジャマール・マレー(3P9/14の36点、11アシスト)。

スキルズチャレンジ

クリスタプス・ポルジンギスがチャンピオンシップラウンドでゴードン・ヘイワードを破り、初優勝。

フロントコート陣の対決でポルジンギスは、1回戦でデマーカス・カズンズ、準決勝でニコラ・ヨキッチに勝利している。バックコート陣の対決でヘイワードは、1回戦でジョン・ウォール、準決勝でアイザイア・トーマスに勝利している。

【NBAオールスター2017関連記事まとめ】


Sponsored Links

2 件のコメント

  • オールスタースタメンメンバーはバックコート組とフロントコート組で分かれて選出されていますが、このサイトの予想ではガード、フォワード、センターに分かれて選出されると予想されています。
    どちらが正しいのでしょうか?

    • CRAZYCURRY 様
      コメントありがとうございます!

      回答は、NBAの発表が正しいです。

      その上でガード、フォワード、センターに分けてみたのが私の予想です。
      カリー、ハーデン、ウェストブルックから2人選出するなんて嫌だったので、
      このような予想をしました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。