レブロン・ジェームズのトレーニングメニューを動画から書き出してみた

レブロン・ジェームズトレーニングメニューが気になったので、

 

1時間動画からがんばって書き出してみた。

 


Sponsored Links

自身のゴールを史上最高の選手に設定しているNBA最強プレイヤーのレブロン・ジェームズ。

 

「それが俺のモチベーションだ。俺にとってはシンプルな目標。もちろん簡単な目標ではないが、俺にとってはシンプルだ。また、俺は他人にとっての史上最高の選手になることには興味がない。目標は自分にとっての史上最高の選手だ」

 

と語り、その鋼のボディでゴール下では当たり前のようにバスケットカウント・ワンスローを決める。そんな他を寄せ付けることのないパフォーマンスを発揮する肉体はどんなトレーニングから生まれているのだろうか?

 

ワークアウト編

こちらは、レブロンのワークアウトの様子を何とノーカットで収録した超貴重な映像です。

 

動画でレブロンが行っているトレーニングメニューを書き出すと以下のとおり。


Sponsored Links

 

  1. なわとび
  2. チューブスクワット(正面)
  3. チューブコークスクリュー
  4. ジャンプシュート右コーナースリー10本
  5. なわとび
  6. チューブスクワット(左右
  7. チューブウインドミル
  8. ジャンプシュート右45度スリー10本
  9. なわとび
  10. チューブスクワット(リバース)※10分経過
  11. チューブウインドミル
  12. ジャンプシュートトップオブザキースリー10本
  13. なわとび(前進後進)
  14. チューブニー(右)
  15. チューブプル(正面)
  16. ジャンプシュート左45度スリー10本
  17. なわとび(前進後進)
  18. チューブニー(左)
  19. チューブプル(正面)
  20. ジャンプシュート左コーナースリー10本※20分経過
  21. フリースロー5本※水分補給
  22. ワンドリブルジャンプシュートスリー右45度右手4本左手4本
  23. ワンドリブルジャンプシュートスリートップオブザキー右手4本左手4本
  24. ワンドリブルジャンプシュートスリー左45度右手4本左手4本
  25. フリースロー5本※水分補給・30分経過
  26. ランニングフックシュート左ポスト5本
  27. フェイダウェイシュート左ポスト左ターン5本
  28. フェイダウェイシュート左ポスト右ターン5本
  29. フェイダウェイシュート右ポスト左ターン5本
  30. フェイダウェイシュート右ポスト右ターン5本
  31. アップアンドアンダー(ポンプフェイクからのレイアップ)右ポスト5本
  32. フリースロー5本※水分補給・40分経過
  33. スポットアップスリー右コーナー6本
  34. スポットアップスリー右45度6本
  35. スポットアップスリートップオブザキー6本
  36. スポットアップスリー左45度6本
  37. スポットアップスリー左コーナー6本
  38. フリースロー15本※50分経過
  39. ストレッチ

 

以上、1時間計39メニュー。レブロンは、試合前にバッシュを揃え、ユニホームたたみ、その上にリストバンドやテーピングなどをきっちり揃える綿密さがあるので、プログラム通りに練習をこなすといったことを苦にしないのが大きいです。練習嫌いな選手も普通にいますからねー、誰とは言わないけど。・・・ってかジャグでかくね(((((((( ;゚Д゚))))))))

 

筋肉トレーニング編

こちらはレブロンのウェイトトレーニングの様子の映像。

 

私はてっきりレブロン・ジェームズくらいになると、豪華絢爛なジムで鍛えているのかと思っていたのですが、言うほどずば抜けて設備の良さそうなところではないみたいです。ということは、「設備が悪いから筋トレできない」という言い訳はできないってことかー。ぐさっ。

 

番外編。なんじゃこりゃ。⇒http://instagram.com/p/fNqiBVEMpp

 


Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。