レブロンジェームズがコメディー映画に出演!日本での公開は?

レブロンジェームズがコメディー映画に出演!

 

日本での公開は?

 


Sponsored Links

プロアスリートが、オフシーズンに芸能活動を行うのは、日本でも日常茶飯事。

 

2013年の年末年始は、日本プロ野球で球団創設初の日本一に輝いた東北楽天ゴールデンイーグルスの選手たちを、あらゆるチャンネルで観ましたし、その他TV番組内での異種格闘技的な番組も非常に多く、専門外の競技に取り組むことで、それぞれのアスリートの違う一面が観れるもの。

 

そんな中、NBAの”キング”ことレブロン・ジェイムスが、『more than a game』に続き、コメディー映画『ballers』に出演することを自分自身で明らかにしました。

 

レブロンは、2013年12月5日に行われた対シカゴ・ブルズ戦の前にこのことに触れ、
自身の役どころについては、

バスケットボールにかかわるもので、プロ選手を目指しながらも、チャンスに恵まれなかった人たちと関係したもの

と説明しています。

 

レブロン映画出演のキーパーソン、ケビン・ハートとは?

そして今回、映画出演に至るうえでのキーマンが、ケビン・ハートさん。ケビン・ハートさんとNBAの関係について、ピンと来る人はかなりのNBA通ではないでしょうか。

 

私の調べによると、ケビン・ハートさんは身長が160cmちょっと位の、小柄な俳優・コメディアンで、NBAオールスター2012における、セレブリティゲームでMVPを獲得した経歴をお持ち。


Sponsored Links

 

レブロンは、今回『ballers』でケビン・ハートさんとの共演が実現した要因として、”友情”と”互いの尊敬”の賜物であると語ったそうですので、今回の映画出演におけるモチベーションの高さが窺えます。

 

レブロン、映画での演技は?

とはいえ、本職はプロバスケットボール選手ですから、正直、どんな役柄を演じても、バスケットボール選手にしか見れないはず…。

 

NBA界にも、シャキール・オニールやドワイド・ハワードなど、非常にエンターテイナーとしての能力の高い選手もいましたが、どちらかというと、レブロンはそっち側ではなさそうというのが、私の見解です。

 

過去に私は、レイ・アレンが出演した映画をレンタルして観たことがありますが、やっぱりバスケットボール選手の役で、役者ではなく、バスケットボーラーでしたから。

 

しかしながら、コート上では見せることのないであろうレブロンの動きや表情は楽しみです。コメディー映画とのことですから、きっとレブロンの弾ける笑顔が観れることでしょう。

 

そしてきっと、マイアミのチームメイトから茶化されるはず…(笑)

 

日本での公開は?

日本で公開されるのかどうかは分かりませんが、機会があれば是非観てみましょう!そして、私のレブロンの演技力に対する見解が変わることを期待します。


Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。